賢く人生を生き抜くために

年金や保険、税金の知識は今後を生き抜く上でとても必要なことです。少しでも得するようにわかりやすく情報を提供していきます。

国民年金・厚生年金

年金はいつから受け取れるの、どれくらいもらえるの?

更新日:

年金はいつからもらえるのか、いくらもらえるのか気になります。ここでは図を元にわかりやすく説明していきます。

国民年金は満額で779,300円(年額)です。
この額は40年間納めた時の満額です。納めていない期間があればこの額から減額されます。

年金には大きく2種類あります。それは「国民年金」と「厚生年金」です。
会社勤めをしている方、もしくはしていた方は厚生年金でそれ以外の方は国民年金に加入していると思えばよいでしょう。

年金は、払う時と受け取る時の呼び名が異なります。図のように、支払う時は国民年金で、受け取る時は老齢基礎年金と言います。この辺はわかりにくいところです。

わかりにくいのが厚生年金です。厚生年金は年齢によって受け取る内容が変わってきます。
図のように老齢厚生年金以外にも、年齢によって「報酬比例部分」と「定額部分」を受け取ることができます。

 

年金はいつから受け取れるの?

「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」は65歳より受け取ることができます。
厚生年金の「報酬比例部分」と「定額部分」については年齢によって65歳未満の方でも受取ることが可能です。

・男性の場合は昭和36年4月1日以前
・女性の場合は昭和41年4月1日以前

以下の図のとおり受け取り年齢が異なります。

国民年金のみの加入であれば「老齢基礎年金」のみが65歳以降に支給されます。
会社勤めをしており、社会保険(年金と健康保険)を納めた期間が1ヶ月でもあれば厚生年金を納めていたことになります。その場合「老齢厚生年金」も65歳以降に支給され、年齢によっては「報酬比例部分」と「定額部分」の支給があるわけです。

(例1)
昭和33年8月21日の会社員男性の場合

昭和32年4月2日~昭和34年4月1日の中に含まれているため、老齢基礎年金と老齢厚生年金は65歳から受け取ることができます。また63歳より報酬比例部分を受け取ることができます。

(例2)
昭和50年9月20日の会社員女性の場合

昭和41年4月2日以降の女性の方は老齢基礎年金と老齢厚生年金が65歳より受け取ることができます。

(例3)
昭和35年6月10日の専業主婦女性の場合

会社勤めをしていなかった場合は、65歳からの老齢基礎年金のみ受け取ることができます。

国民年金(老齢基礎年金)はいくらもらえるの?

支給要件

ここでは国民年金(老齢基礎年金)の内容を説明します。
厚生年金については別記事にて紹介します。

老齢基礎年金は、保険料を納めた期間と免除された期間の合計が10年以上ある場合、65歳になった時に支給されます。

※保険料免除期間とは、国民年金の第1号被保険者として加入期間のうち、保険料を納めることを免除された期間のことを言います。
 全額免除、4分の1納付、半額納付、4分の3納付があります。

支給開始年齢

原則として65歳より支給
ただし、繰上げ支給や繰り下げ支給を行なうことで60歳からの支給、または70歳からの支給も可能です。

年金額(平成29年4月分より)

国民年金は満額で779,300円です。月額では64,941円。そこから保険料を支払っていない月数を引いて計算します。

国民年金(老齢基礎年金)の満額1人分の額

老齢基礎年金の計算方法は、免除対象期間があるかどうかで異なります。
ない場合は単純に納めた保険料を加入可能月数で割るだけです。

※年金は偶数月ごと2ヶ月分ずつまとめて銀行口座に振り込まれます。

免除対象期間がある場合、それぞれ以下のように計算します。

※ただし平成21年3月分までは、全額免除は6分の2、4分の1納付は6分の3、半額納付は6分の4、4分の3納付は6分の5にて計算されます。

(例1)
サラリーマンの扶養となっていた女性(専業主婦で40年間加入済)

40年間加入であれば、満額の779,300円(年額)となる。

(例2)
自営業の男性で25年間加入(免除期間なし)

779,300×(25年×12ヶ月)÷(40年×12ヶ月)= 487,062円(年額)となる。

(例3)
20年納付期間、10年間の免除期間、1年間の半額納付あり

779,300×((20年×12ヶ月)+(5年×12ヶ月×4/8)+(1年間×12ヶ月×6/8)÷ 40年×12ヶ月)=452,968円(年額)となる。

年金を早めにもらう場合(繰上げ支給)

国民年金(老齢基礎年金)は原則65歳からでないと受取ることができません。ですが「繰上げ支給」という制度があり一番早くは60歳から年金を受取ることができます。
ですが、通常の年金額より大幅な減額となり、それが一生続きます。

請求時の年齢 請求月から65歳になる
月の前月までの月数
減額率
60歳0ヶ月~11ヶ月 60ヵ月~49ヵ月 30.0%~24.5%
61歳0ヶ月~11ヶ月 48ヵ月~37ヵ月 24.0%~18.5%
62歳0ヶ月~11ヶ月 36ヵ月~25ヵ月 18.0%~12.5%
63歳0ヶ月~11ヶ月 24ヵ月~13ヵ月 12.0%~ 6.5%
64歳0ヶ月~11ヶ月 12ヵ月~ 1ヵ月 6.0%~ 0.5%

減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数

(例1)
60歳になってすぐに支給を受けたい場合(国民年金40年支払い済)

60歳になってすぐなので65歳になる前まではまだ60ヶ月あります。
・60ヶ月×0.5=30%
・779,300円より30%の減額になるので、支給額は545,510円(年額)になります。
 ⇒779,300円より233,790円(年額)少なくなります。そしてこの減額された年金が一生続きます。

繰上げした場合としていない場合との比較

年金を早めにもらえばそれだけ生活が楽になります。
しかし、その後は一生減額された年金で生活しなければなりません。

では、その分岐点は何歳くらいになるのでしょうか?
65歳から受けた場合と、繰り上げ支給を60歳から受けた場合とで比較してみます。

左側:65歳からの受給
右側:60歳からの受給(30%減額)

それぞれ総合計額での計算

年齢 65歳からの
年金受給額
合計額 60歳からの
年金受給額
合計額
60 545,510 545,510
61 545,510 1,091,020
62 545,510 1,636,530
63 545,510 2,182,040
64 通常通り65歳から受けとる場合 545,510 2,727,550
65 779,300 779,300 545,510 3,273,060
66 779,300 1,558,600 545,510 3,818,570
67 779,300 2,337,900 545,510 4,364,080
68 779,300 3,117,200 545,510 4,909,590
69 779,300 3,896,500 545,510 5,455,100
70 779,300 4,675,800 545,510 6,000,610
71 779,300 545,5100 545,510 6546120
72 779,300 6,234,400 545,510 7,091,630
73 779,300 7,013,700 545,510 7,637,140
74 779,300 7,793,000 545,510 8,182,650
75 779,300 8,572,300 545,510 8,728,160
76 779,300 9,351,600 545,510 9,273,670

※繰上げした場合、75歳までは得になりますが、76歳を過ぎた場合は逆転しています

2017年の調査では、男性の平均寿命が81歳。女性が87歳です。
平均寿命まで生きた場合は大幅な減額になります。

<<男性で81歳まで年金を受け取った場合>>

年齢 65歳~ 60歳繰り上げ
81歳時点 13,248,100円 12,001,220円 1,246,880円

<<女性で87歳まで年金を受け取った場合>>

年齢 65歳~ 60歳繰り上げ
87歳時点 17,923,900円 15,274,280円 2,649,620円

男性の場合で約125万、女性の場合で265万円の差が生じます。

年金を遅めにもらう(繰り下げ支給)

繰上げではなく、繰下げすることも可能です。
原則65歳から年金を受けられますが、まだ預貯金に余裕がある場合などに有利です。
繰下げの場合、以下のメリットがあります。

請求時の年齢 増額率
66歳0ヵ月~66歳11ヵ月 108.4%~116.1%
67歳0ヵ月~67歳11ヵ月 116.8%~124.5%
68歳0ヵ月~68歳11ヵ月 125.2%~132.9%
69歳0ヵ月~69歳11ヵ月 133.6%~141.3%
70歳0ヵ月~ 142%

繰下げた場合は、最高で142%の増額率となります。

(例1)
満額受給できる場合で70歳から年金を受取る場合

779,300×142%=1,106,606円

1,106,606円となり、年間327,306円得することになります。

繰下げした場合としていない場合との比較

左側:65歳からの受給
右側:70歳からの受給(142%増額)

それぞれ総合計額での計算

年齢 65歳からの
年金受給額
合計額 70歳からの
年金受給額
合計額
65 779,300 779,300
66 779,300 1,558,600
67 779,300 2,337,900
68 779,300 3,117,200
69 779,300 3,896,500 繰下げして70歳から受けとる場合
70 779,300 4,675,800 1,106,606 1,106,606
71 779,300 5,455,100 1,106,606 2,213,212
72 779,300 6,234,400 1,106,606 3,319,818
73 779,300 7,013,700 1,106,606 4,426,424
74 779,300 7,793,000 1,106,606 5,533,030
75 779,300 8,572,300 1,106,606 6,639,636
76 779,300 9,351,600 1,106,606 7,746,242
77 779,300 10,130,900 1,106,606 8,852,848
78 779,300 10,910,200 1,106,606 9,959,454
79 779,300 11,689,500 1,106,606 11,066,060
80 779,300 12,468,800 1,106,606 12,172,666
81 779,300 13,248,100 1,106,606 13,279,272

※81歳になった時、初めて合計額が上回ります。

さいごに

国民年金は満額でも779,300円です。40年間払い続けても年間779,300円しかもらえません。
月額で言えば、64,941円です。

国民年金は繰上げも可能なので60歳から受け取ることもできます。
しかし文中で説明したとおり受け取れる額も少なくなるため、難しいところです。

会社勤めが長い人であれば、厚生年金(老齢厚生年金)も受け取れるので倍以上の年金額になるケースが多いです。ですが厚生年金が受け取れない場合、65歳過ぎてからはこの年金で生活していかなければなりません。
そのためには十分な貯蓄や他の収入源が必要になります。

生活保護費が約12万円程なのに対してこれではあまりにも少ない額です。

繰上げも繰下げも実際に計算してから検討した方がよいでしょう。

 

-国民年金・厚生年金

Copyright© 賢く人生を生き抜くために , 2018 All Rights Reserved.